はじめに

花ギャラリー1
  アカ〜イワ
花ギャラリー2
  イワ〜ウメ
花ギャラリー3
  ウル〜オヤ
花ギャラリー4
  オノ〜キン
花ギャラリー5
  キン〜コウ
花ギャラリー6
  コケ〜サワ
花ギャラリー7
  サン〜シロ
花ギャラリー8
  シロ〜ソバ
花ギャラリー9
  タカ〜キク
花ギャラリー10
  タマ〜ツボ
花ギャラリー11
  ツユ〜ニツ
花ギャラリー12
  ニョ〜ハコ
花ギャラリー13
  ハシ〜ヒト
花ギャラリー14
  ヒナ〜フデ
花ギャラリー15
  フラ〜ミズ
花ギャラリー16
  ミツ〜ミゾ
花ギャラリー17
  ミネ〜ラショ
花ギャラリー18
  リュウ〜ヤマ
花ギャラリー19
  ワタ〜ワル
はじめに
花ギャラリー1

 このページの花
アカバナシモツケソウ  アカバナユウゲショウ  アカモノ  アキノキリンソウ  アケボノソウ
アオノツガザクラ  アズマギク  イワイチョウ  イワウメ  イワタバコ  イチョウラン
イワカガミ  イワオトギリ  イワインチン  イワウチワ  イワオウギ  イワギボウシ
イワキンバイ


アカバナシモツケソウ・・・・バラ科


2


3
・・・
霧降高原
※霧降高原元スキー場があった場所で、その跡の草原斜面は広大なお花畑になっている.
シーズンにはいろんな種類の花が咲く.遊歩道が整備され、家族連れでも問題なし.木製の
階段がほぼ一直線に小丸山(1601m)手前まで設置されている.この階段の途中途中、右
や左にに枝分かれする道も造られ、花見物にも配慮されているのは有り難い.小丸山まで上が
り、そこから眺める風景も素晴らしい.但し、「天空回廊」と呼ばれるこの階段、1445段ある
から、それなりに覚悟が必要である(笑)


アカバナユウゲショウ・・・・アカバナ科

1

2
・・・ ・・・
散歩道
※何とも艶っぽい名前の花ではありませんか.漢字でも赤花夕化粧と書くらしい.夕方に花び
らが開くので、そう言う名前が付けられたらしいが、実の所は朝でも昼でも咲き開くのだそうだ.
散歩中、道際に濃いピンクの花が沢山咲いてるのを見かけると、足を止めずにいられない.
アカモノ(イワハゼ)・・・・ツツジ科

1

2

3

4

平票山
※白い花なのにアカモノ? と、素人はすぐにいぶかる.実はこの植物、食べられる果実がな
り、これが赤くアカモモ≠ニ呼ばれたらしい.それが、いつからか訛ってアカモノになったと
いう.ふ〜〜ん、そうなんだ.山に登る途中、あちこちで容易に見られる花だ.


アキノキリンソウ・・・・キク科

1

2

3


※良く聞く名前で、よく見る花だと思う.が、故にいつも素通りする花でもある.


アケボノソウ・・・・リンドウ科

1
・・・ ・・・ ・・・
金精川
※ここでいう金精川は栃木県矢板市にある内川支流木の芽沢の更に支沢で流域は長くない.
その源は「八方ヶ原」になる.釣りもしない私が何しに行ったかというと、この沢の上流付近
には地形図に滝マークが≠ったのだ.興味本位で出掛けてみたのだが、それは涸れ滝で
僅かに水が滴り落ちてる程度だった.滝自体の姿は立派であったが、水が流れてないとただの
崖.このアケボノソウは帰路藪の中で 「おや、小さな白い花が、野イチゴ系かな」位しか
頭になかった.因みに滝マークは現在の地形図にはない. 

アオノツガザクラ・・・・ツツジ科

1

2

3


4

※アオ≠ェ付かないただのツガザクラというものがある.同じ所に並べて生えていてくれれ
ば、その違いは判るんだろうが それぞれ別な場所に、、では私には多分判別はつかない.
アオ≠ェ付く方は緑黄白色の花で、付かない方は帯紅白色というから、緑っぽいもの、紅っ
ぽいもののちがいなんだろう.大きさは、付く方が6−9mm、付かない方は5−6mmで若干
小さい←ノギスでも持ってなきゃ判りませんな〜 ま、分布はツガザクラが本州の中、西部と
四国だというから、東北で見た上の四枚はアオノ・・で決まり(で、・・・いいのかな).

アズマギク・・・・キク科

1
・・・ ・・・ ・・・
根子岳登山道
※菅平というと、若い頃に2度ばかりスキーに行った事がある.他のスキー場と比べ、名前の
通り平らで広いスキー場だったという印象が強かった.根子岳へは牧場側から登ったので、ス
キー場ではないのだが、雪でも降り積もるとスキー場になりそうな斜面が山頂まで続いていた.
登山道に入り間もなく四阿があって、展望には良い所だ.アズマギクはこの周辺に多く咲いて
いた. 


イワイチョウ・・・・ミツガシワ科

1

2

3

4


5

6
※(山では)よく見られる花でだ.名前の通り、葉っぱが銀杏の葉に似ていると言うことから
しい.湿地性で群落を作る.6番画像は、花が殆ど終わった中門岳(会津駒ヶ岳)の稜線だ
が、この花の葉が一面に生えていた.これ一面に花が咲いていたら・・・と、想像して今度来て
みようと思ったりするが、いつの間にか忘れてしまう.何かに書いておけば良いと、簡単に
思ってしまうのだけど、書いた物、書いたことすら記憶から飛んでしまっているから情けない.


イワウメ・・・・イワウメ科

1

2

3

4

5
※初めてイワウメを見たのは鳥海山に登った2015年のこと.そう遠い時期ではない.高山植物
など、数種類しか知らなかった時で、七高山から新山へ向かう時の下り斜面で、背が低く斜面
を這う様に白い花が沢山咲いていた.此処まで結構ヘロヘロだから花を愛でる暇もなく、あ、
チングルマかなぁ,,程度に思っていた.後で調べて、名前が判り当たりに同じ様な花が無い
ことから、同定は案外容易い花だと思っている.

 
イワタバコ・・・・イワタバコ科

1

2

3
・・・
雨巻山
※低地の沢筋でも見られるが、やや湿った場所の岩壁などに張り付く様に生えているから、簡
単に見ることは出来ず、それなりに希少種ではないかと思う.花も独特な形をしていてとても
美しい.葉がタバコの葉に似ているからだそうだが、タバコの葉っぱって実際に見た事がある
人はどれだけいるのだろうか? 子供の頃だからかれこれ60年以上も前の片田舎では、何軒
かの栽培農家があって、広い畑にやたら葉っぱの大きい丈が私の背丈より高いものを植えて
いた.その内、農家の庭などに葉が干されてあった風景を思い出す.今は栽培農家もいない.

イチョウラン・・・・ラン科

1
・・・ ・・・ ・・・
山頂から
※苔の中に小さく白い花の様なものを見つけた.花にそれ程興味がなかった時なので一枚だけ
撮った.後で友人にランの一種だと教えてもらったが、その後見かける事はなかった.小さいの
でみつけるのが難しいのかも・・・
黒岩山は遠く、到達するのには時間が掛かる.この時期(6月) でも大きなコメツガなどの樹林
帯には残雪があり、踏み後を隠している.ガスがなくても密な樹林帯は見通しが利かず、あま
り起伏のない同じ様な地形が長く続くこともあって、行程を困難にしている.「栃木百名山」の
中でも大佐飛山∞錫ヶ岳≠ネどと共に、行くのが大変な山として位置づけられている.

イワカガミ・・・・イワウメ科

1

2

3

4

山人平
※山へ行きこの花の咲く時期ならば概ね何処でも見られる、かなりポピュラーな花だと思う.
ただ、コイワカガミとかもあるらしく並べてみないと私では判らない.取り敢えず大きいサイズ
の物を選び、冠の付かないイワカガミで画像を貼り付けてみた.

イワオトギリ・・・・オトギリソウ科

1

2

3


※オトギリソウは現場で見ても(私には)区別がつかない.撮ってきた画像はシナノオトギリか
も知れないし、ただのオトギリソウかも・・・

イワインチン・・・・キク科

1

2
・・・ ・・・
南月山
※インチンとはカワラヨモギ≠フ事をいうそうだ.つまり、その高山植物形ということか.冠
にイワと付くのは岩場に多く咲いてるから、なのでしょうね.んじゃあ、イワカワラヨモギ≠ナ
は駄目か? 駄目だね、あたしは、情緒もセンスもないな・・・
「南月山」は、那須連山の中にある一峰.山頂付近は火山礫の裸地でその辺りの草地では、
高山植物が多く咲く.ロープウェイで上がり茶臼岳の山腹をトラバースし、日の出平から登る
のが一般的.画像は反対側から登り、白笹山から少し行った所からの南月山全容.こちらのコ
ースは沼原を起点とするが、ハイカーが少なく静か.

イワウチワ・・・・イワウメ科

1

2

3

4

※花をパッと見てウチワ?と思えない.葉っぱがウチワに似てるかららしいのだけど、花の素人
はまず花の色や形を見るものねえ・・・

イワオウギ・・・・マメ科

1

2

3


※画像3、苗場山のお花畑付近から後ろを見たら良い風景だった.コンデジで撮っておいて、
帰ってからみたら、手前の花(みたいなもの)にピントが合ってしまっていた.現地でチェック
しとけば良かったな〜と、思うも後のカーニバル.それっきり忘れていたが、改めて眺めてみ
ると手前に写っているのはイワオウギ≠ナはないかな.そう言えば、その辺りに小さな枝豆の
ような草≠ェ一杯生えていたのを思い出した.

イワギボウシ・・・・ユリ科

1
・・・ ・・・ ・・・
古賀志の岩場
※私が持っている花の本(参考文献)には載っていなかった.撮ってきた山域に足繁く通って
おられる人のHPを参考に判断した.何処の岩場でも見られるかというとそうでもなく。やや
湿った場所を好む様だ.古賀志山から縦走路に入り、御嶽山の手前の岩場に多く見た.そこは
樹林の中で薄暗く、日中でも日差しが遮られる岩場で、やはりやや湿っている.

イワキンバイ・・・・バラ科

1
・・・ ・・・ ・・・
四阿山
※高山植物には黄色い花が多くあって、特にこの手はみんな同じ花に見えてしまう.この
花だって同定が出来てんだかどうだか.開花季節であった事と、そこに咲いてるよ、、と
の情報だけで. ま、素人だから(笑)
HOME、 BBS、  栃木の滝行、  栃木の山行、  他県の山滝レポ、 栃木県の自薦滝、  栃木県の綺麗滝自薦20+α