HOME、 BBS、  栃木の滝行、  栃木の山行、  他県の山滝レポ、 栃木県の自薦滝、  栃木県の綺麗滝自薦20+α  

はじめに

花ギャラリー1
  アカ〜イワ
花ギャラリー2
  イワ〜ウメ
花ギャラリー3
  ウル〜オヤ
花ギャラリー4
  オノ〜キン
花ギャラリー5
  キン〜コウ
花ギャラリー6
  コケ〜サワ
花ギャラリー7
  サン〜シロ
花ギャラリー8
  シロ〜ソバ
花ギャラリー9
  タカ〜キク
花ギャラリー10
  タマ〜ツボ
花ギャラリー11
  ツユ〜ニツ
花ギャラリー12
  ニョ〜ハコ
花ギャラリー13
  ハシ〜ヒト
花ギャラリー14
  ヒナ〜フデ
花ギャラリー15
  フラ〜ミズ
花ギャラリー16
  ミツ〜ミゾ
花ギャラリー17
  ミネ〜ラショ
花ギャラリー18
  リュウ〜ヤマ
花ギャラリー19
  ワタ〜ワル
花ギャラリー4

 このページの花
オノエラン、 オサバグサ、 カキドオシ、 カタクリ、 カニコウモリ、 カメバヒキオコシ
カンアオイ、 ガガイモ、 キオン、 キケマン、 キツリフネソウ、 キキョウソウ
キクザキイチゲ、 キツネノボタン、 キバナアキギリ、 キバナノコマノツメ、 キヌガサソウ
キンコウカ、 


オノエラン・・・・ラン科

1

2

3

4

釈迦ヶ岳
※花にはあまり興味がなかった頃、女峰山に登る途中でみかけた白い小さな花、オノエラン
だった.それから各所で時々見かけたが、群生しているものを見た事はない.画像4の釈迦ヶ岳
登山道脇で見たものは、ツツジはほぼ咲き終わり、地上の花も殆ど見かけなかった一日、ポ
ツンと一輪だけ咲いてる花をみつけ、よく見たらオノエランだった.

オサバグサ・・・・ケシ科

1

2

3
・・・
帝釈山登山道
※一属一種の日本特産種だそうだ.あちこちで簡単に見られると言う花でもないらしい.田代山
から帝釈山(いずれも栃木、福島県境)に向かう登山道脇に多く生えている.群生しているの
は希だともある.帝釈山以外で見たものは2株とか3株とかがポツンポツンとあっただけだ.貴
重な花なんだろう.画像1、2はコメツガだかの針葉樹林帯で、亜高山帯の針葉樹林帯下に
生育=i参考文献1)という説明に一致するが、画像3では沢筋のブナやミズナラなどの広葉樹
林下で見たもの.自然はいろいろだ.

カキドオシ・・・・シソ科

1

2



※恥のカキドオシ=A、おおッ中々面白い名前だ・・・というと情けないオヤジギャグ.垣根
を通り抜ける程生育が旺盛だという事から付けられたらしい.小さい花だけど、拡大してみると
結構綺麗な唇形をした花だ.薬草としても使われたという.


カタクリ・・・・ユリ科

1

2

3

4

5
※春の花の代表格.子供の頃、集落から少し離れた高台に旧校舎跡があり、そこの近くの
広い斜面一帯にこの花が咲いていた.カメラなど貴重で持ってる人が希だったから画像とか
はないけど、子供心に凄いなあと思っていた記憶がある.今、あちこちで保護され観光化し
ているが、そこの斜面は一面畑に変わっていた.カタクリは根は採らず葉っぱと花を摘んで
きて母がお浸しなどを作ってくれ、食べた思い出が懐かしい.


カニコウモリ・・・・キク科

1

2

3

4

※漢字で蟹蝙蝠と書く.何故蟹なのか? 花はカニの鋏に似ていない.茹でたカニの赤さ
もない.葉がカニの甲羅に似てるそうだからなんだとか.若葉は食用にもなるそうだ.日光
や、奥鬼怒の沢では普通に多く見られる花だ.白根山の菅沼コースでは大群生している所
があり、森吉山の登山道に咲いていたものは大きく日光のそれらより3倍程もあった(4番目
の画像)こういうのは土壌の差とか、それとも種類が違うのか?

カメバヒキオコシ・・・・シソ科

1

2



※カメバ≠ニあるように亀に似ている葉の事.葉の先っぽの方が亀の尻尾をイメージしてい
る.自然は良くこういう面白い物を作る.実は、この名前を聞いた時噛めば引きつけを起こ
すよ≠ネんていう事をイメージしてしまった.谷筋に良く見ていた野草だが、あまり撮って来た
画像がない.簡単に見られるからと言う事で、パスし その内忘れてしまうというパターンだ.

カンアオイ・・・・ウマノスズクサ科

1

2

3
・・・
地蔵岳
※登山道を登っている途中、沢を横断する所で沢の上流に滝が落ちているのを見た.何度か
通っている道だけど、上流を気にしたことはなかったので、滝などがあるとは全く知らなかった.
一応確認してみるか、と、右岸の針葉樹林帯を登り始めると、足元にアオイの葉っぱを持った
草が結構生えていた.もしや、と思い葉をどけたりして探して見ると一つの株の根際に花をみ
つけた.あ! カンアオイ≠ゥ? 葉の表面に白い斑文があると植物図鑑やネットなどでは紹
介されているから、何か同属の別の種類なのかな? と思ったりもしている.でも、花はやや
上向きに付き、カンアオイの花とよく似ている.

ガガイモ・・・・ガガイモ科

1




※道端に、普通咲いているただの雑草.見向きもされないどころか、庭に侵入してきたりする
とたちどころに取られてしまう.


キオン・・・・キク科

1

2



※実はアキノキリンソウ%凾ニ区別がつかない.もしかしたらキオンではないかも知れないが
取り敢えず、花が少し大きかったのと、(花の)形がやや違うとか.何より一番の決め手は、
その場で詳しそうな登山者に教えてもらった事だ.

キケマン・・・・ケシ科

1
・・・ ・・・ ・・・
上タケ沢F1

キツリフネソウ・・・・ツリフネソウ科

1

2

3

4

木戸石
※阿仁川流域の穀倉地帯でここの上流(上方向)で小阿仁川と合流する.どちらも釣り屋さん
には周知の河川だ.道路の脇に花が植えられているのが見えると思う.これは、農家の人達が
植えたもので、かなり長い距離に渡って続く.大した観光道路でもない上、歩く人だってそんな
にいないと思われるのだけど、街中だけでなくこうした農道も綺麗に保たれている.勿論、ペット
ボトル一つ落ちていない.因みに私の好きな「森吉山」は真正面に見えるのだけど、この日は
雲が多く姿を現していなかった.

キキョウソウ・・・・キキョウ科

1




※あぜ道に咲いていたこの花、他の雑草とは違いよく目立った.どうせ園芸花の種でも飛んで
きて野生化したものだろう・・位に思い、気にも留めなかったが、改めて調べてみると自生地は
アメリカだそうだ.特に食べる為に持ち込まれたとかではない様なので、種が荷物などにくっつ
いて運ばれたんでしょうね.中々綺麗な花で、普通に見られるそうだけど、この散歩道では滅
多にみない.


キクザキイチゲ・・・・キンポウゲ科

1

2

3

4

5
※キクザキイチリンソウとも呼び、こちらの名前がむしろポピュラー.春早く山や沢筋などの散策では
概ね何処でも見られる.故郷(北秋田市)で見たものは色が濃く、群生していた.ただ、この時期
に現れるのが、蛇さん.雪田沢ではやけに多く、大きい.暖かい日は要注意.

キツネノボタン・・・・キンポウゲ科

1





キバナアキギリ・・・・シソ科

1

2

3



キバナノコマノツメ・・・・スミレ科

1

2
・・・ ・・・
杣添尾根
※パッと見、キスミレ類と混同.もっとも、これまでこういう名前の野草があるとは全然知らな
かったから、このギャラリー作成中、オオバキスミレをまとめているうちに、キバナ・・・と言う花
があることを知った.過去に何気なくキスミレと思って撮って来た画像の中に、これらがあった
かどうか探して見たら、おや! ありました.何でも撮って来ておくものですなあ.

キヌガサソウ・・・・ユリ科

1

2

3
・・・
焼石沼
※いつかは見たいと思っていて、中々見ることの出来ない花だった.そんな中、初めて見られ
たのは2016,7月も終わりの頃に、妙高山に登る途中で見付けた事があった.だが、残念な事に
旬を過ぎ、状態は葉を含めて良くない物だった.焼石岳に登るに当たっては、狙い目にこの花
は全く入っていなかった.往路では、他の花に圧倒され全く気が付かなかったが、後から思い
出してみても、どうしてみつけられなかったのか不思議でならない.では、往路で見つけにくい
ところにあったかというと、(1番の画像)そんなことはなく、ボーッと歩いてても目に入ってくる
生え方だ.

キンコウカ・・・・ユリ科

1

2

3

4

5
※夏、山上の湿原を黄色く染める花で判り易い.特に印象的だったのは月山だった.八合目
の駐車場から大して歩かずに広大な湿原になる.そこには、秋の稲穂を思わせる様なキンコウ
カの大群落が広がる.




HOME、 BBS、  栃木の滝行、  栃木の山行、  他県の山滝レポ、 栃木県の自薦滝、  栃木県の綺麗滝自薦20+α