HOME、 BBS、  栃木の滝行、  栃木の山行、  他県の山滝レポ、 栃木県の自薦滝、  栃木県の綺麗滝自薦20+α  

はじめに

花ギャラリー1
  アカ〜イワ
花ギャラリー2
  イワ〜ウメ
花ギャラリー3
  ウル〜オヤ
花ギャラリー4
  オノ〜キン
花ギャラリー5
  キン〜コウ
花ギャラリー6
  コケ〜サワ
花ギャラリー7
  サン〜シロ
花ギャラリー8
  シロ〜ソバ
花ギャラリー9
  タカ〜キク
花ギャラリー10
  タマ〜ツボ
花ギャラリー11
  ツユ〜ニツ
花ギャラリー12
  ニョ〜ハコ
花ギャラリー13
  ハシ〜ヒト
花ギャラリー14
  ヒナ〜フデ
花ギャラリー15
  フラ〜ミズ
花ギャラリー16
  ミツ〜ミゾ
花ギャラリー17
  ミネ〜ラショ
花ギャラリー18
  リュウ〜ヤマ
花ギャラリー19
  ワタ〜ワル
花ギャラリー13

 このページの花
ハシリドコロ、 ハナウド、 ハナダイコン、 ハハコグサ、 ハルリンドウ
ハルトラノオ、 ハナイカリ、 ハナネコノメソウ、 ハヤチネウスユキソウ
バイカオウレン、 バイケイソウ、 ハンゴンソウ、 バンダイクワガタ
ヒオウギアヤメ、 ヒトリシズカ


ハシリドコロ・・・・ナス科

1

2

3


※キチガイイモとかワメキグサ等、あまり穏やかでない別名がある毒草らしい.誤って食べる
と めまい、幻覚、錯乱して走り回る・・・など.(Wikipedia) 重症の場合は死に至ることもある
らしい.と言って何と間違えて食べてしまうのだろうか? 似た野草があるのかは表記されてな
いので判らないが、春早く山菜の少ない時期に谷筋には青々とした若葉がこんもりしている.
ほほう、これは美味しそうだ、って訳で摘んで食べ、走り回るのだろうか.私の故郷の沢で見
つけた時は、この花なんだろう? 取り敢えず撮っておくか・・ぐらいの感覚だったが.

ハナウド・・・・セリ科

1

2

3


※大きさ、形などシシウド≠ノよく似ている.並べてみると、ハナウドは花が密集していて、
オミナエシを白く大きくした様なもので、一方シシウドは大型の線香花火.例えが下手なので更
に判らなくなるか・・・で、オミナエシってどういう花? そりゃあ、ハナウドを小型にした黄色い花
だよって、、オイオイ.


ハナダイコン・・・・アブラナ科(オオアラセイトウの方か?)

1

2



※春、かなり早い時期から咲き出して、よく目立つ花.時々、栗林や梅林に群生しているのを
見かける.食料になるそうで、原産地の中国ではかの有名な諸葛孔明が軍隊用に栽培を推奨
した事から諸葛菜≠ニ呼ばれるそうだ.うーん,何だか聞いた事がある名前だが、、


ハハコグサ・・・・キク科

1

2
・・・ ・・・
オオナギ沢
※この草花は特に山中部でなくても普通に見られる.(都会では無理だけど)林の縁だったり
林道脇の草地だったり、休耕田などに群生も.開花時期は散歩道を歩く度に見ているので、特
に撮影などしてはいない(常にコンデジを持って行く訳ではない).だから、山の奥で見かけ
た場合は、珍しいので撮っておく・・・という訳だ.えっ! 山で見るのはヤマハハコ≠カゃあない
かって? ・・・むむ、そうかも知れないけど私には判りません.が、ヤマハハコの画像と比べる
と、ちょっと違う気がするのだけど


ハルリンドウ・・・・リンドウ科

1

2
・・・ ・・・
※よく似ているこの花とフデリンドウ.開花時期も生えてる環境もほぼ同じだというから、素人
の私に即同定は無理.そこで役に立つのがネット情報.花や植物に詳しい人達が画像入りで
説明してくれているから、それを見ながら撮って来た画像を見比べ、お、これは・・・ そこで、
ハルリンドウ→花の茎が数個立ち上がり根生葉が大きい.根元はロゼット
フデリンドウ→花の茎が一つの先っぽに数個の花を付ける.根生葉は前者より小さい. 等々
これで完璧! という訳にはいかないけど、概ね判った気がする.因みに根生葉≠ニは、こん
せいよう と言い、地上からすぐの所(基部)についた葉っぱの事をいう.ふーん、なる程

ハルトラノオ・・・・タデ科

1
・・・ ・・・ ・・・
石裂山
※標高879mの石裂山(おざくさん)は、鹿沼市の西側にある信仰の山.クサリやハシゴも
あって中々面白みのある山でもある.早春の頃はカタクリ、イワウチワ、ヒメイワカガミといっ
た野草やアカヤシオツツジも急峻な岩場に多く咲き、楽しませてくれる.案外、好きな山では
ある.標高が低いせいか、安易に取り付いてくるハイカーも多く、滑落で死亡したり、大けが
をしたりする事故が絶えない.

ハナイカリ・・・・リンドウ科

1

2

3
・・・
オグナホタカスキー場
※花も葉も緑色なので目立たない.山頂や登山口にある事はあまり無いと思う.花だけを目当
てに登る場合と違い、一心不乱に山頂を目指すハイカー達にとっては、足元の花などに目がい
かない.疲れて休憩に立ち止まり、そこにたまたま生えていたらラッキー.一株見つけると次々
と見えてくる.

ハナネコノメソウ・・・・ユキノシタ科

1

2

3
・・・
下中手沢


ハヤチネウスユキソウ・・・・キク科

1

2

3

4

早池峰山
※この花は早池峰山の特産で、他に咲いている所は北海道の一部の山に、オオヒラウスユ
キソウ≠ニいう変種があるそうだ(白旗史郎、山の花・・) どうしても見たい花であったの
で旬の真っ只中に登ってみた.遠くの風景ではなく足元の花だから、天気はあまり期待せずに
登ったので、案の定登り始めは雨、その内止んだけどガスが出て遠くは望めなかった.ただ
幸いな事に、山頂付近では遠くこそ見えなかったが、そこそこガスが取れ、花の多さを実感
出来た.

バイカオウレン・・・・キンポウゲ科

1

2
・・・ ・・・
十文字小屋


バイケイソウ・・・・ユリ科

1




 

ハンゴンソウ・・・・キク科

1

2



※オオハンゴンソウが外来種だけどこちらは国産種らしい.花はこちらが小さい、葉でも区別出
来るそうで形が裂けているのがこちら.オオ・・・の方は全く裂けてないらしい.この花は白根山
周辺(前白根山〜避難小屋辺り)で特に多く見かけた.

バンダイクワガタ・・・・ゴマノハグサ科

1

2
・・・ ・・・
※名前の通り、会津磐梯山の固有種だという.花を特定して山行する事は滅多にないのだけど
この花は開花時期と良いお天気を狙って出掛けたものだから、記憶に残っている.どの辺りに
生えているか判らず、途中の群生地を見逃してしまい、山頂で休憩した傍でみつけた.ははあ〜
こういう花だったのか、と、なんだかあっけない感じ.下山ではその花を探しながらのんびりと
下りたから、結構みつかった.

ヒオウギアヤメ・・・・アヤメ科

1

2

3
・・・
中沼


ヒトリシズカ・・・・センリョウ科

1

2

3


※一度見たら記憶力の乏しい私でも



HOME、 BBS、  栃木の滝行、  栃木の山行、  他県の山滝レポ、 栃木県の自薦滝、  栃木県の綺麗滝自薦20+α