HOME、 BBS、  栃木の滝行、  栃木の山行、  他県の山滝レポ、 栃木県の自薦滝、  栃木県の綺麗滝自薦20+α  

はじめに

花ギャラリー1
  アカ〜イワ
花ギャラリー2
  イワ〜ウメ
花ギャラリー3
  ウル〜オヤ
花ギャラリー4
  オノ〜キン
花ギャラリー5
  キン〜コウ
花ギャラリー6
  コケ〜サワ
花ギャラリー7
  サン〜シロ
花ギャラリー8
  シロ〜ソバ
花ギャラリー9
  タカ〜キク
花ギャラリー10
  タマ〜ツボ
花ギャラリー11
  ツユ〜ニツ
花ギャラリー12
  ニョ〜ハコ
花ギャラリー13
  ハシ〜ヒト
花ギャラリー14
  ヒナ〜フデ
花ギャラリー15
  フラ〜ミズ
花ギャラリー16
  ミツ〜ミゾ
花ギャラリー17
  ミネ〜ラショ
花ギャラリー18
  リュウ〜ヤマ
花ギャラリー19
  ワタ〜ワル
花ギャラリー17

 このページの花
ミネウスユキソウ、 ミヤマオダマキ、 ミヤマキケマン、 ミヤマキンバイ、 ミヤマコゴメグサ
ミヤマシャジン、 ミヤマハンショウヅル、 ミヤママンネングサ、 ミヤマムラサキ
ミツバオウレン、 ムシトリスミレ、 ムラサキケマン、 メハジキ、 モウセンゴケ
モミジカラマツ、 ラショウモンカズラ


ミネウスユキソウ・・・・キク科

1

2

3


※標高の高い所に生育するのだという.ヒナ・・とウスユキソウの区別は何とかつくけど、標高の
高い所で撮ったという以外、よく判らない.特に、画像2は早池峰山で撮ったものだが、花びら
の付き方などが優雅で、他の二つとは違う様な気がする.

ミヤマオダマキ・・・・キンポウゲ科

1

2



※この花の名前の由来を調べてみた.いろいろな本をひもとく訳ではなく、ネット一発「オダマ
キの名前の由来は」で、すぐに出て来る.それによると紡いだ麻糸を・・・云々=@説明され
ても説明の物の形がよく判らない.今度はそっちを調べていると、しまいには あれ? 何を調べ
てんだっけ?  ま、名前の由来は良いか.

ミヤマキケマン・・・・ケシ科

1

2



ヌーグラ沢
※冠の付かないキケマン≠ニいうのも当然ある.生育環境は低地の山林、沢筋など.一方
こちらは標高が少し高い場所に生えていて、やや小型、、という.そう言う場所でみつけたので
ミヤマ・・だろうと、それだけの事.いささか大雑把だけど、学者じゃないからこれでいい.ヌー
グラ沢は湯西川(川と町の名前が一緒)へ北から注ぐウツルギ沢の更に支流で、沢屋さんの
対象とはならず、釣り屋さんのエリア.珍しい名前は、どういう由来か判らない.(特に詳細に
調べた訳ではないんだけど)


ミヤマキンバイ・・・・バラ科

1

2

3

4

三岩岳登山道
※会津駒ヶ岳の名声に隠れ、知名度がイマイチ低い山だけど、登ってみると、とても良い山だ
と感じてしまう.花も多いし展望も優れている.山頂から、会津駒方向を眺めると、此処に縦
走路があったらなあ、、、と、思ったりもする.三岩岳の登山口は小豆温泉スノーシェッドの
傍にあり、黒檜沢沿に向かうルートと、いわゆる、旧道≠フ尾根登りコースがある.沢コー
スは随所に雪渓があり、その融けた部分から数々の高山植物が芽を出し花を咲かせる.尾根
のコースでも、イワカガミやイワウチワなど多く見られるという.特別に危険な個所はないから
気楽に登れる山でもある.少し長いけど・・・


ミヤマコゴメグサ・・・・ゴマノハグサ科

1

2

3
・・・
焼石金剛
※「金剛」は、簡単に言うと非常に強く硬く壊れない物、、だという.宗教界では、固い信念
とか強く信じる心・・などなんだろうね.昔、交通の便が無かった頃、赤薙山とか女峰山に登る
には、当然ながら今の日光市街地からスタートする訳だ.此処まで来るのだって、かなり大変
だ.ここら先、さあ、強い心を持って臨んでね≠ニか、叱咤激励の場所であるかも知れない.
以前は、赤茶けた岩がゴロゴロしている場所であったというが、今は笹とツツジなどの低木に
覆われる斜面になっている.因みにコゴメグサは小さな花が米粒を思わせるのだというが・・


ミヤマシャジン・・・・キキョウ科

1

2





ミヤマハンショウヅル・・・・キンポウゲ科

1

2

3


※名前からして消防関係の半鐘≠ゥら付けられたのだというのは簡単に想像がつく.では、
その半鐘≠セが全く知らない人、名前は知っていても実物を見たことが無い人が、昨今では
多くなっている筈.田舎の方でも集落ごとに必ず一つ(一個所)はあって、火事の時は誰かが
半鐘が吊り下げられた火の見櫓に登りカンカン・・・と鳴らしたものだ.水害とかの時でも鳴らさ
れたと思う.今は、消防署のサイレンがそれに変わり、遠くまで響き渡るから、その(災害な
どの)知らせを請う役目を終えている.半鐘が吊ってある火の見櫓の画像があったと思ってた
けど、みつからない.

ミヤママンネングサ・・・・ベンケイソウ科

1

2
・・・ ・・・
阿弥陀岳
※会

ミヤマムラサキ・・・・ムラサキ科

1
・・・ ・・・ ・・・
笠ヶ岳


ミツバオウレン・・・・キンポウゲ科

1

2

3

4

※花がまだ多く咲いてない春早い亜高山帯で、白い小さな花を良く見かける.オウレンだけど
葉っぱを見て同定する.三つ葉なら、ミツバオウレンで、花びらがやや丸く五葉なのはバイカ
オウレン.ほぼ当たり.何しろ他に咲いてる花はあまりないからね.ただ、花が丸く三つ葉の物
がありこれはミツバノバイカ・・・と、冠がつくらしい.


ムシトリスミレ・・・・タヌキモ科

1

2

3
・・・
姥石平
※名前にスミレと付いてるけど、似てるからだけ・らしい.何しろ食虫植物なのだ.(焼石岳)
泉水沼からハクサンイチゲが咲く広大な姥石平の中に一本の登山道が通っている.草原には
種々の花が咲いているので足元に草に隠れて咲く花には中々気が付かない.何か、花がある
な、で、初めて立ち止まりしゃがんで覆い被さっている草をどけると、あ! ムシトリスミレだ. 

ムラサキケマン・・・・ケシ科

1

2





メハジキ・・・・シソ科

1
・・・ ・・・ ・・・
久蔵川
※久蔵川沿いには(日光)中禅寺湖南岸尾根の「阿世潟峠」へ道があり、足尾から中禅寺
湖への往来が盛んだったという.現在は通る人も登山者位で道はすっかり荒れ果ててしまった.
所処では道が不明瞭な所もあり、荷車が通れたと言われる道も崩壊し、土砂に埋まり狭く細く
なってしまった所が多い.林道もかなり上流まで堰堤工事の為作られたが、近年の自然災害
で、3個所あった橋も崩壊してしまった.ただ、煙害に遭った松木川に比べて、まだこちらは緑
が多く、足尾≠フイメージとは少し違う.

モウセンゴケ・・・・モウセンゴケ科

1

2

3


※モウセンゴケは湿地帯に生えるので概ね見付けやすく、数も多いから見付けたという感激も
イマイチか.ウチワみたいなのに毛が生えた物が花だと思っていたのだが、それは葉っぱで
花は白く上に小さく咲くのだそうだ.中門岳に行った際、それを思い出しじっくりと見てみたら、
なる程、モウセンゴケが生えてる一帯に一面白い花が咲いていた(画像3)


モミジカラマツ・・・・キンポウゲ科

1

2

3




ラショウモンカズラ・・・・シソ科

1

2

3



HOME、 BBS、  栃木の滝行、  栃木の山行、  他県の山滝レポ、 栃木県の自薦滝、  栃木県の綺麗滝自薦20+α